第1389回 チャーターナイト57周年記念ライガー

去る9/24(木)、札幌三越ライラックルームにて、9月第二例会としてチャーターナイト57周年記念ライガーを開催しました。

チャーターナイト(以下CN)とは、クラブ設立(国際協会の一員となった認証)から毎年行っているライオンズクラブ独自の周年記念行事です。

例年は当クラブと関わりの深い他クラブ関係者の皆さんをお招きして行う所ですが、今年はコロナの影響もあり、当クラブメンバーだけでの開催です。

L小杉会長の開会宣言&ゴングからスタート!

今回もコロナ感染拡大防止の観点から全体での歌や唱和などの発声は控え、ソーシャルディスタンスを守った形での例会です。

国歌、ライオンズヒムに続き、今回の「ライオンズの誓い」はL高橋が行いました。

各種審議事項、報告事項を終えた後、第二部としてCN57周年行事のパートです。

今回はCN57周年実行委員長である中西Lからご挨拶と、【温故知新 当クラブの今後を考える】としてポプラライオンズクラブの歴史やライオンズクラブ国際協会の歴史などの紹介をスライドを活用し発表して頂きました。
合わせて、直近のクラブの取り組みの話なども話題にあげつつこれからの展望等もお話されました。

時間の関係上、「これからを考える」というテーマでのテーブル毎のディスカッションは出来ませんでしたが、私のような在籍年数が長くないメンバーにとっては、歴史を知り今後に繋げるために先輩達から学べた良き機会になりました。

出席率も高く、有意義な例会になったかと思います!

(文責 L小林)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL